スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

平成27年度 0HK杯 

 
 10月12日(祝)、香川県の府中湖カヌー競技場にて、第21回坂出市・小中学生カヌー選手権大会が開催されました。
 昨年度の台風による大会中止から、待ちに待った今年度最後の大会です!
 6人中4人が初出場ということで、厚い雲の切れ間から覗く青空のように、
期待と不安が入り混じります!!
 
 
 「愛媛県の大洲カヌークラブ!お揃いのウェアで参加してくれました!」と、
紹介されました。
 監督より、注意事項とレースについて。
 しっかり聞いて、しっかり動いて、一緒に頑張ってきた仲間とつながっていきましょう!
 湖面に挨拶をして、いざ!出陣です!!
 ※お断り
   レース運びのチェックとビデオ撮影のため、レースの模様の写真が撮れていません。スミマセン汗
 〜結果〜
 
 小LPK-1 F 7位 一輝 1:32:617
 小HPK-1 F 2位 京助 1:31:902
   ’’    F 8位 健太 1:40:512
 小K-1   F 6位 京助 1:10:141
   ’’        健太 準決勝敗退
 小HPwK-1 F 1位 智香 1:33:137
 小wK-1   F 3位 智香 1:10:716
 中K-1-1 F 9位 大輝 2:54:226
 中K-1-2 F 7位 佑哉 2:43:804
 中k-2 F 7位 佑哉・大輝 2:44:388
 
 智香は小学生女子の部で、念願のMVPを獲得することができました♪
 
レースが進むにつれ風が強くなり、今までにない強風の中でのレースになりましたが、
誰も沈することなく、レーンアウトする者もなく、落ち着いて漕ぎきることができたのは、
練習の成果と言っていいのではないでしょうか。
 しかし、同学年やカテゴリーの中の上位の人たちとのタイムの差は歴然で、
ぜひとも、高みを目指して、次のシーズンに備えてってもらいたいです。
 
 とにかく♪みんな、よく頑張りました!!

かわうそカップ第3回小学生カヌー選手権大会


 シルバーウィーク初日の9月19日(土)、高知県須崎市浦ノ内湾にて『かわうそカップ第3回小学生カヌー選手権大会』が開催され、京助・健太・智香の3人が出場しました。
 晴天に恵まれ、汗ばむほどの陽気になり、絶好のレース日和となりましたが、初めての海でのレースに内心ドキドキの3人です!
 

 

 

 

 
 午前中、ラスカル艇・スプリント艇と3人で乗り換えながら、慣れない海面の感触を確かめるように、
1時間を超える公式練習をしました。
 

 12時より開会式!
 

 

 

 
 京助と健太は、ラスカル艇の部男子とスプリント艇の部(K-1)男子 の2種目、
 智香も、ラスカル艇の部女子とスプリント艇の部(K-1)女子 の2種目に出場しました。
 

 
 結果 ラスカル艇の部男子・京助 1:46:54 第1位
              健太 1:53:44 第5位
           女子・智香 1:57:99 第1位
    スプリント艇の部男子・京助 1:20:57 第1位
               健太 1:30:98 第4位
            女子・智香 1:22:92 第1位
 

 
 絶不調の中で戦いに挑み、メダルまであと一歩だった健ちゃん!ここが踏ん張りどころです!!
 シーズンの最初ごろに比べると、3人とも漕ぎが力強くなってきていて、先が楽しみになってきました♪
 サポート隊の大輝もお疲れさまでした!

JOCジュニアオリンピックカップ平成27年度全国中学生カヌー大会2

 25日、レース2日目は、大和・佑哉組のK−2が登場です。



 大和・佑哉組
 男子 K−2
 予選4組 9位  2分49秒955  敗退


 急造で組んだペアなので、パドリングが合わず、今年の全中は終了しました。
 
 部活ではなく、クラブなので練習量の少なさはどうしようもないことではありますが、少ない練習量の中でももっとやれることはあるんじゃないかと思います。
 また、自主練習の意識づけをもっとしていかないといけないと痛感した大会でした。

 そこは指導力不足、対話不足のところもあるので、もっと指導者・選手・保護者が一体となってやっていかないといけないなと思います。

 来年は見てろ〜っ!


JOCジュニアオリンピックカップ平成27年度全国中学生カヌー大会1

 石川県小松市・木場潟カヌー競技場で行われた「JOCジュニアオリンピックカップ平成27年度全国中学生カヌー大会」。
 今年は、大和・佑哉・大輝の3人が出場。
 Paddlerは、帯同できなかったので、会長・佑哉PAPA・大輝のレポートでお送りします。

 7月22日午前8時30分に艇庫に集合し、午後5時過ぎには宿舎に到着。



 写真の女性は、宿舎の人かな?



 24日の開会式には、ナショナルチームの選手に参加してもらったみたいです。
 将来的に、クラブ出身者がこの列に入ってくれるようになるとうれしいなぁ。



 小松選手と多田羅選手に久しぶりに会いました。

 開会式終了後は、レーススタート。



 大和(2レーン)
 男子 K−1
 1次予選9組 6位 2分48秒779  敗退


 佑哉(5レーン)
 男子 K−1
 1次予選9組 転覆  失格





 大輝
 男子 K−1
 1次予選13組 転覆  失格


 K−1は、3人とも初日でレースが終わってしまいました。
 強い風と波で、いくら悪いコンディションだったとしても、漕ぎ切った選手、実力を出し切った選手は大勢います。
 それができなかったのは、何かが足りなかったということ。
 自信、心構え、注意力、筋力・・・。
 何が足りて、何が足りなかったかを自分で考えて、次のレースに活かしてほしいと思います。
 次の大会に向けて、具体的な目標と具体的に何をすればいいのかを必死に考えて、実行してほしいと思います。


B&G杯全国少年少女カヌー大会2日目

 大会2日目、今日も5時起きで体調を整えます。



 はつかり荘の食事は、とにかく旨い!とにかく多い!!
 食の細い小学生は頑張って食べて、パワーにします



 緊張をほぐすためか?艇の手入れに余念がありません。
 道具を気にかけられるようにもなってきました。
 大切な相棒だからね〜♪



 智香の準決勝、2位で午後の決勝に進出!



 智香
 5・6年生 女子普及艇
 準決勝 2位 1分25秒080  決勝進出





 健太の準決勝、01.31.404の9位で敗退。
 それでも予選よりタイムは縮まり、全力を出し切った良い顔で戻ってきました。



 健太
 5・6年生 男子普及艇
 準決勝1組 9位 1分31秒404  準決勝敗退





 京助の準決勝、01.05.593の5位で敗退。
 初めての自動発艇装置に慣れなっかったのと、レーン通り真っ直ぐに!が思いのほか難しかったようです。
 それでも予選より5秒近くタイムを縮め、『まだまだ出来る!』と自信を持てました。



 京助
 男子K−1
 準決勝3組 5位 1分05秒593  準決勝敗退





 智香のレースに向けて、アップに付き合ってくれる6年生



 これだけを見ても、いろんな人のサポートで漕ぐことができるんですね〜

 しかしながら、智香の決勝、01.29.490の8位で入賞ならず・・・。



 智香
 5・6年生 女子普及艇
 決勝 8位 1分29秒490  入賞ならず・・・





 大会を終えて、笑顔の奥に次へ向けての闘志も秘めて、ひとまわり大きくなってくれることを願ってます。



 わかりますか?

 富士山をバックに大洲カヌークラブ 『O C C』 です!!

 大洲に帰ってジャンジャン練習しようね〜

B&G杯全国少年少女カヌー大会1日目

  今日も快晴
 美しい富士山が子ども達を迎えます。





 健太と智香が普及艇で練習。



 京助は、自艇のJK−1で練習。

 

 全国大会!始まります!!

 ・・・ビデオ撮りに夢中になりすぎて、写真が取れませんでしたが、3人とも明日の準決勝に駒を進めることが出来ました!



 智香
 5・6年生 女子普及艇
 予選1組 5位 1分27秒033  準決勝進出




 健太
 5・6年生 男子普及艇
 予選1組 5位 1分32秒132  準決勝進出





 京助
 男子K−1
 予選5組 5位 1分10秒088  準決勝進出





 明日もがんばるぞ〜!!

B&G杯全国少年少女カヌー大会2015出発

 いよいよ全国大会への旅の始まりです!



 3家庭分なので、荷物がたくさん
 京助・健太・智香、笑顔で出発です♪



 瀬戸大橋を渡るころはまだまだ元気!
 今回は、「ジャンプシリーズ」でお送りします♪



 京助・健太は初富士山をはっきり拝むことが出来ました



 やる気のあらわれです!!



 午後からの練習までの空き時間で、名所・富岳風穴へ行きました。



 大きくなれよ!の願いも込めて『大』を表現。
 湖面練習では、「水が硬い!」なんて声も・・・。ホントにぃ?

 とにかくゆっくり休んで、明日頑張れ!

B&G杯全国少年少女カヌー大会2015

 B&G杯全国少年少女カヌー大会2015(小学生の大会なので、略して「全小」)の大会実施要項が届きました。
 要項が、日本カヌー連盟のホームページにもアップされてました。
 間もなく、B&G財団のホームページにもアップされることでしょう。

 公益社団法人 日本カヌー連盟


○ B&G杯全国少年少女カヌー大会2015
  平成27年7月25・26日
  山梨県富士河口湖町 精進湖カヌー競技場

 智香は、去年の忘れ物を取りに行く予定にしています。
 (毎年、忘れ物をしてますが・・・。)
 小学生保護者の皆さん、要項を読んでいただいて、参加の検討をお願いします。
 ある程度の漕げる力があること(レーンアウトしないように、真っ直ぐに進めること。)が前提になりますが、レーシング艇だけではなく、普及艇のレースもありますので、比較的参加しやすいです。
 ただし、費用がかかるので、車1台で行ける人数にしたいと思います。 
 宿舎を押さえる都合がありますので、6月25日までに、徳永か谷野まで連絡をお願いします。
 (主催者への申し込み期限は、7月7日必着になってます。)

 追伸
 全中の要項は、今日現在で、公益社団法人日本カヌー連盟のホームページにアップされてないみたいっす。
 締切は、だいたい同じぐらいだと思いますが。

第1回鹿野川湖カヌー大会

 午後からは、第1回鹿野川湖カヌー大会。
 記念すべき第1回大会です。
 初開催ということもあって、参加は大洲高校カヌー部、長浜高校カヌー部、大洲カヌークラブが占めてしまいましたが、一般で2人の女子中学生も参加してくれました。



 大和の選手宣誓です。



 谷野クラブ会長から、注意事項の伝達。



 さぁ、レーススタート。
 残念ながら、Paddlerはビデオを回してたので、撮れた写真はこの1枚のみ・・・。
 向かい風が強くて、軒並みタイムは悪かったです。



 閉会式の様子です。



 クラブメンバーは、賞状とメダルを持ってにこやか。
 これから継続して大会を開く予定ですので、来年は、四国内ぐらいのカヌー部・クラブの大会参加をお待ちしています。
 一般初心者の参加も大歓迎ですよ〜っ!


第36回中国カヌーレガッタ参戦! 3

 第36回中国カヌーレガッタのレポート3です。 
 昨日までの天気が嘘のような快晴!
 今日は、小学生組の出番です!







 普及艇予選は、3人揃ってファイナルへ進出♪

 京助:小学男子 普及艇(200m)
  H−2 1分27秒22 2位  Fへ

 健太:小学男子 普及艇(200m)
  H−2 1分35秒42 3位  Fへ

 智香:小学女子 普及艇(200m)
  H−1 1分31秒78 2位  Fへ



  

 JK−1は一発決勝!
 京助が初めての大会参加で見事1位を獲得。
 黙々と練習を積み重ねた結果だと思います。
 健太と智香は悔し涙のレースとなりましたが、まだまだ伸びしろは充分あります!
 ここから上を目指しましょう。

 京助:小学男子 JK−1(300m)
  F 1分47秒14 1位  


 健太:小学男子 JK−1(300m)
  F 2分00秒53 5位


 智香:小学女子 JK−1(300m)
  F 1分56秒04 5位








 京助:小学男子 普及艇(200m)
  F   1分27秒53 2位 

 健太:小学男子 普及艇(200m)
  F   1分36秒61 5位

 智香:小学女子 普及艇(200m)
  F   1分34秒97 4位

 普及艇決勝では、京助が2位に入る健闘を見せ、みんなやり切った表情で最終レースを終えました。



 土師ダムといえば・・・広〜い広〜い公園。
 これが楽しみで頑張ったメンバーもい・る・は・ず。



 一番高い表彰台にのった気持ちは、どうだったのでしょうか。



 それぞれがいろんな思いや経験をしました。
 この笑顔は次につながる笑顔だと信じています。
 保護者・大洲高校の皆様、3日間お世話になりました。

 さあ、これからがカヌーの季節だよ〜〜〜っ!


| 1/8PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM