スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

押し手を横に出さない!

 いつも練習の時に言ってることですが、「前から漕ぐ」「押してを横に出さない」「拳は目の前に持ってくる」「シャフトの真ん中は、なるべく動かさないイメージ」。
 なかなか難しいことです。
 前で手のクロスが大きいほど、前から漕ぐことはできなくなると思います。
 一瞬の動画ですが、空撮で手のクロスが分かりやすい動画がありました。

 MOSCOW 2014 - ICF Canoe Sprint World Championships!

 動画の54秒から58秒の間を参考にしてみてください。
 トップ選手でも当然個人差はありますが、こんなイメージを持っておこう。


Sprint kayak technique

 カヤックのパドリングの解説をした動画です。

 Sprint kayak technique 01 - SetUp
 
 Sprint kayak technique 02 - Lock the blade

 英語が理解できたらいいんだけどなぁ・・・。
 なんとなく参考にはなります。

 日本語でカヌーとかカヤックと検索すると、ヒットしないんだけど、英語で検索すると、いろんな動画が見れます。
 やっぱり、欧米の方って盛んなんだなぁ。


押し手を下げない

 練習の時によく言ってることですが、「押し手を下げない」、「前からキャッチ」、「身体のひねりで漕ぐ」、「手漕ぎにならない」。
 なかなか難しいことですね。
 イメージがつかみづらいのかなぁと思います。

 なんとなくネットで見てると、いい動画を発見しました。
 「押し手」が前に出た時に、肩から下には下がってないですね。 
 (イメージとしては、「押す」のではなくて「支えて、前に出す」ようですが、伝わりやすいと思うので、「押し手」と言います。)

 Flatwater kayak training

 視線や身体のひねり方も参考になると思います。
 参考にして、イメージをしっかり持ちましょう!


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM