スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

競技カヌー懇親会

 今日は、大洲市の競技カヌー関係者の懇親会がありました。
 初めての試みだと思います。
 大洲高校カヌー部の美藤先生・松盛先生&保護者、竹中スポーツ専門員、和泉トレーニングコーチ、大洲カヌークラブ、大洲カヌー同好会が集まりました。
 自己紹介のあと、あちらこちらでカヌーの話しで盛り上がりました。
 Paddlerは、和泉トレーニングコーチと、カヌーにおけるウォーミングアップで盛り上がりました。
 基本的には、「いつも通り」が試合前にはいいこと、「いつも通り」がワンパターンではいけないこと、オリンピックで柔道がメダルが少なかった時に何が起こっていたか、体の可動域をどうするかなどなどを話し込みました。
 また、小・中・高が同じ場所で練習していることが、下の子達の目標になったり、強化につながる最高の環境にあるということでした。
 バレーボールで強豪の大村も同じような環境にあるそうです。
 中学の先生が小学生クラブを教えて、中学になると自然にその先生が指導するバレーボール部に入部する、練習場所は高校の体育館を使っていて、高校は自然にその高校を目指すという環境にあるそうです。
 いい懇親会になりました。


クラブ総会

 今日は、練習の前にクラブの総会を行いました。
 特に会議室を設けてなかったので、艇庫の前で青空総会になりました。

総会

 規約の説明、事業報告・事業計画、会計報告・収支予算案などの説明を行い、承認していただきました。
 どちらかというと、お願い的なものが多くなってしまいましたが。

 ・事業計画の中には、バーベキューなど、子ども達のお楽しみ的なものを設けていないので、できれば保護者間で話し合って計画をしていただきたい。
 ・レースに出場するには、別途カヌー連盟の登録&登録料が必要。
 ・ホリデー イン カヌーのお手伝いをお願いしたい。
 ・えひめ国体に向けて、審判資格の取得をお願いしたい。
 ・練習の際には、子ども達のモチベーションが上がるように、子ども達みんなに声掛け・応援をお願いしたい。
 ・鹿野川湖等で練習する場合もあるので、できれば自家用車にキャリアの装着をお願いしたい。
 ・練習前後の準備・片付けのお手伝いをお願いしたい。
 ・道具を大切に扱うように、指導をお願いしたい。
 ・子どもの目の保護のために、サングラスを買うようにしていただきたい。
 ・あいさつをするように、子ども達に指導をお願いしたい。
  メンバーだけではなく、川べりを散歩している人にもするようにしましょう。
 ・メールでの練習日程などの連絡には、準備の都合があるので、必ず出欠等の返信をしていただきたい。
   ・・・・・などなどです。(こんなもんだったと思いますが。)

 平成26年度は、小学生6人、中学生5人のメンバーで始動します。
 がんばっていきましょう〜っ!


スポーツ栄養学・メンタルトレーニング講習会

 今日は、県総合運動公園体育館で、平成25年度ターゲットエイジ・スポーツ医科学サポート事業「スポーツ栄養学・メンタルトレーニング講習会」があり、太一と秀都が参加しました。

 講習会

 (オレンジ色のウインドブレーカーがそうかな?)

 午前中は、毎食、牛乳を飲んで、みかんを食べること、練習後には、うがいをした後に、みかんを食べることの大切さを学びました。
 愛媛だからみかんの消費に貢献するってことじゃなくて、ビタミンを摂るってことです。
 ジュースでもいいみたいですよ!

 講習会

 午後からは、メンタルトレーニングの講習。
 何事にも前向きに取り組むこと、集中力を高めるには、上方に視線を向け、同じパターンで臨むことなどなどを学びました。
 1日の講習でしたが、多くのことを学んだので、今日から実践です!

 以上、谷野会長からのレポートでしたっ!


平成25年度えひめ国体指導者資質向上講習会

 ァ_奮愿アプローチの重視
   ・海外の選手やコーチとの情報交換を重視する
   ・合同合宿やコーチ・選手の交流を積極的にマネジメントする
   ・データの活用

  世界で勝ち続けるには
   ・心技体の追及
   ・海外を知り、日本の良さを確認する
   ・海外との情報交換のマネジメントを自らが行う
   ・世界で勝つ情熱を持ち続けること


 感想
 世界を舞台(視野)に活躍されているので、スケールが大きすぎる部分もありますが、そこは置き換えると「うん、うん。」と納得のできる部分が多くありました。
 また、「全然できてないなぁ。」と感じる部分があるので、これから自分自身を改善していかないといけないと思います。
 えひめ国体まで、あと少しです。
 一丸となって、一致団結して頑張らないとね。

H25.12.10愛媛新聞

 平成25年12月10日(火)愛媛新聞



平成25年度えひめ国体指導者資質向上講習会

  チーム制の強化
   ・課題を明確化し解決するため、各分野のエキスパートを集結する
   ・コーチ1人では達成が難しい「高い目標」を達成可能にする
   ・選手が「大人」に接する機会を増やさせる

   ・強化の方法・ビジョンはコーチが作成して、スタッフと共有する
   ・全体を把握するマネジメントをコーチ自身が担う
  

 ぁ.謄ーチングの重視
   ・ティーチング
    指示や助言によって相手に答えを与える
    頑張る癖や学ぶ癖を付けさせる
   ・コーチング
    相手から答えを引き出し、自己が選択するように促す

   ・自信のない相手(指示) 積極的なティーチング
    「〜しよう」「〜してください」
   ・半依存の相手(助言) 消極的なティーチング
    「〜してはどうか」「〜という方法もある」
   ・半自立の相手(開かれた質問) 指示するコーチング
    「どうしたいのか?」
   ・自立した相手
    見守る

   ・ルールを守れる人間に育てる
   ・要求されたことを前向きに頑張れる人間に育てる
   ・環境や人のせいにしない 自省できる人間に育てる


  コーチングに移行する以前のティーチングを重視する



 次に続く・・・


平成25年度えひめ国体指導者資質向上講習会

 \こΔ鬟蝓璽匹垢覽こ気鮖つ。
  ・金メダルと世界記録を狙う
  ・常識を打ち破る

  ・世界の選手が日本に水泳を習いに来るようにする
  ・泳ぎを人前で見せた時点で技術的な秘密はない
  ・外国にノウハウを教えつつ、必要な情報を盗む

  技術指導から人間指導へ
   水泳の技術を教えるコーチング
     
   ・水泳を通じて人間育成を図るコーチング
   ・外に出してもはずかしくない選手(人間)に育てる
   ・責任は外に求めず、自己責任を考える・考えさせる
   ・言い訳をしない・させない

◆〜手を知る
  ・選手を知る=人間を知る
  ・思考パターンを見抜く

  ・選手との様々な距離感の中から、人間を把握する
  ・近い距離で会話のやりとりや表情から大まかな思考パターンを把握する
  ・距離を取って、仲間の中でのポジションや言動をチェックする
  ・友人やスタッフ・他のコーチなどの評判も参考にする

  ・選手と共有する時間を増やす・大切にする


 次に続く・・・


平成25年度えひめ国体指導者資質向上講習会

 昨日は、えひめ国体指導者資質向上講習会があり、Paddlerが出席してきました。

 四国カヌー協会事務局長会があったので、カヌー競技からは1名のみの参加・・・。

 まだまだマイナー競技なので、指導者の数も選手の数も足りません・・・。


 今回は、競泳日本代表ヘッドコーチ・平井伯昌さんが来られました。

 「世界で勝つコーチング」
 −選手の能力を引き出す方法−

 と題して、講演がありました。

 オリンピック選手を何人も育ててきたコーチなので、すごく興味がありました。

 ブログを何回かに分けて、講演されたことを掲載したいと思います。

 平井さんの指導哲学
 ・日本独自の「心技体」を一体化した指導哲学をもとに、柔軟なさまざまな指導方法を取り入れる。
 ・忍耐力克己心の強化
   苦しいことを乗り越えさせて自信をつけさせる。
 ・コーチ(組織)と目標やビジョンを共有しながら、何をすればよいかを自分で考えられる選手(人間)に育てる。

 次につづく・・・

アスレティックトレーニング講習会

 愛媛県競技力向上対策本部の主催で、「平成24年度ターゲットエイジ・スポーツ医科学サポート事業 アスレティックトレーニング講習会」が愛媛県武道館において開催されました。

 競技団体が指定したターゲットエイジ選手を対象に、アスレティックトレーニングについての理解を深め、実践力を身に付けさせることにより、競技力の向上を図ることが目的です。

 大洲カヌークラブからも、中学1年生が参加しました。

 自分の身体を知り、自分の身体を整えるためのトレーニングを学んだようです。

アスレティック2

アスレティック3

アスレティック1

 参加したメンバーの感想です。

 感想

 柔軟性、体幹筋力、バランス、アジリティーの4項目のコンディショントレーニングを学びました。

 競技力の向上につながるように努力したいです。


 今度、カワイイ後輩達にも伝授するように!!!



平成24年度えひめ国体指導者資質向上講習会がありました!

 1月20日(日)、平成24年度えひめ国体指導者資質向上講習会が松山市民会館であり、谷野会長、徳永副会長が参加しました。

 はじめに愛媛県競技力向上対策本部から、愛媛県の国体成績の現状と愛媛国体に向けての目標・計画について話しがありました。

 昨年の「ぎふ清流国体」では、目標の20位代に届かなかったこと、愛媛国体では、天皇杯を目指すこと等の説明がありました。

 現状では、天皇杯を取っている都道府県の3分の1程度の得点しか取れていないようなので、かなり強化をしていかないと厳しいのではと感じました。

 ただ、ここ3年を見ても開催地が天皇杯を取っているので、出来ないことではないなぁとも思います。
 (ちなみに2位は連続で東京都みたいです。)

 カヌースプリントも得点の底上げに貢献できるように、頑張りましょう。

 次に、愛媛FCレディースの活動報告のあと、佐々木則夫サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」監督による「世界にはばたいたなでしこ〜チームワークとコミュニケーション〜」と題した講演がありました。

チケット

 ・ スタミナがないと、集中力に欠ける。

 ・ 失敗を恐れなかったときに、変わることができる。

 ・ 成功の反対は、失敗ではなく、チャレンジしないこと。

 ・ 成功のプログラムはない、それに向けて準備すること。

 ・ 選手の自主性を引き出すこと。

  など、参考になることを聞くことができました。



愛媛県カヌー協会の会合がありました

 1月19日、愛媛県カヌー協会の会合があり、谷野クラブ会長、徳永クラブ副会長が参加しました。

 徳永クラブ副会長は、県協会の役員ではありませんが、参加させていただきました。

 2017年愛媛国体に向けて、ジュニア世代の育成を含めた選手強化策などについて話し合いました。

 有意義な会合になりました。



| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM