スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

オリンピックを目指して漕ぎ続ける…カヌー小松正治選手

 ネットで小松選手の記事がありました。

 読んでみてね〜っ!

 オリンピックを目指して漕ぎ続ける…カヌー小松正治選手


えひめ愛顔のジュニアアスリート発掘事業

 昨日、学校からタイトルのチラシを持って帰りました。
 小学4年生〜中学2年生までが対象みたいですが、「スポーツの潜在的な才能を有する県内の小中学生の中から、将来国際大会で活躍する日本代表選手を輩出するとともに、将来の本県スポーツ界の指導者となり得る人材を養成することを目的として、今年度から「えひめ愛顔のジュニアアスリート発掘事業」を実施することとしました。」とありました。

 募集チラシ

 身体能力開発プログラムとか知的能力開発プログラムとか、いろいろとおもしろそうなことをやるみたいです。

 書類選考とかトライアルがあるようですが、挑戦してみる価値はあると思います。
 メンバーのみんな、応募してみようぜぃっ!


強気発言

  「大会の目標は?」 
 マスコミの取材などでこんなことを聞かれると、インタビューに慣れている大体の選手は、「ベストを尽くします。」や「楽しんできます。」など、日本人の選手たちは、控えめな発言をしているように思います。

 確かに、ベストを尽くすのも、自分の試合を楽しむのも大切なことだと思います。
 でも、個人的には、「金メダルを獲りたいです。」や「勝ちに行きます。」など、強気発言のようですが、こっちの方がいいと思います。
 自分の目標について聞かれているのだから、自分の思っていることをはっきり伝えた方が、大会でも宣言した目標に向けて、いい試合ができると思うからです。
 日本人の文化、習慣からすると、強気発言と言われてもしょうがないかなーとは思います。

 それで、もし発言通りにいかなかったとしても、選手はその目標に向けて、精一杯頑張ったのだから、笑顔で迎えてあげるべきだと思います。
 周りの評価を気にせずに、自分がどうしたいかを発言することが大事だと思うので、「先輩だから」とか『監督だから』とかは気にせずに、言いたいことははっきり発言した方が良いんじゃないかと思います。

 でも、謙虚な心と敬語は忘れずに…。

熱いウェブCM

 パナソニックのウェブCMが熱いっっっ!

  滋賀・カヌー篇 琵琶湖から世界の舞台へ
 
  綾瀬はるかmeets オーパルカヌーチーム Long ver.

  滋賀・カヌー篇 琵琶湖が僕らの練習場

  2020の夢へ。奈良・滋賀スタッフドキュメント篇

 滋賀県は、オーパルカヌーチームさんがフィーチャーされてます。
 「滋賀・カヌー篇 琵琶湖から世界の舞台へ」は、すごくかっこいいです。
 だけど、クラブメンバーのみんなに一番見てほしいのは、赤色で表示してる「滋賀・カヌー篇 琵琶湖が僕らの練習場」です。
 きっと熱くなれるはずです。

 パナソニックさん、愛媛県は、大洲カヌークラブへどうぞ!
 これからもっと強くなるからぁっ!


ネガティブワード禁止

 ソフトバンクホークスの工藤監督が、「工藤の掟 6か条」を定めたとインターネットの記事に出てました。
 そこで注目したのが、「ネガティブワード禁止」。

 「言葉の禁止」では、3つのNGワードを設定した。「できません」「分かりません」「しようがない」の禁止だ。工藤監督は現役時代から向上心を大切にしてきた。その気持ちを阻害する言葉は不要。自分自身をより高めていく姿勢を選手に期待している。
 
 ソフトB工藤監督3禁 ガム、ツバ、弱音
 「工藤の掟 6か条」制定!連パへ士気高める

 ネガティブ発言は、周りの士気にも関わります。
 加えて言うならば、ネガティブな行動も周りの士気に関わります。
 みんなが前向きに取り組むと、全体が活性化し、練習の効果も高まります。
 大洲高校カヌー部の部室にも、「ネガティブ発言禁止」と貼り紙がしてあったと思います。

 ここで勘違いしないでほしいのは、「体の不調」を言うことは、ネガティブワードじゃありません。
 「関節が痛い」とか「気分が悪い」などの体の不調は、どんどん言って来てね。
 周りから見て、ここは分かりにくい部分。
 無理をして、ケガなどを悪化させたくないからね。


みんながんばれ!

 昨年末に、小松選手に指導していただいた様子を、小松選手のブログに掲載してもらってます。
 
 愛媛(^-^)/

 ありがとうございま〜すっ!

 それにしても、愛顔のえひめ文化・スポーツ賞のメダルって、純銀製なんですね・・・。

 すごいなぁっ!

 受賞者の中には、中学生もいるようです。

 大洲カヌークラブからも受賞者が出るように、みんな頑張って精進してほしいと思います。


全国体力テスト

 12月9日の愛媛新聞に、2014年度の全国体力・運動能力、運動習慣等調査(全国体力テスト)の結果が出てました。
 全国平均、愛媛県平均と県内各市町別結果も出ていました。
 (一部市町は、非公表です。)

 大洲市はどうかなぁ〜っと・・・。



 全国平均を下回ってました・・・。 
 中学2年は、全国平均から−1.0点以上の差・・・。

 Paddlerが子どもの頃と比べると、スポーツ少年団の数は増えている感じがするんですけど、そうじゃないんでしょうか・・・。

 中学は、運動部の数が減ってきているのは確かですな。
 運動部を整理した結果、部員が多くなり、狭いスペースで、満足に練習できない感じの部もあったりします。

 スポーツをしてる子としてない子の差が激しいんかな・・・?
 
 体力とバランス力を上げるために、カヌーしませんかぁ〜っ!


ふるさと絶賛バラエティ いーよ!

 昨日は、大洲市のカヌーについて、ローカルテレビ局のテレビ愛媛で取り上げられてました。



 ※ 番組ホームページのスクリーンショットです。


 大洲青少年交流の家の知り合いのインストラクターが、アナウンサーにレクチャーしてました。
 大洲のカヌーが、また盛り上がりそうで、いい感じです。
 火曜日の夜中に再放送があるみたいなので、チェックを漏らした人は、見てみてね!


炎の体育会TV

 皆さん、今日の炎の体育会TVを見ましたか?
 今回のカヌースプリントも楽しく見させてもらいました。
 2時間スペシャルで、半分以上がカヌースプリントの時間になってました。
 なんか練習に参考になることはないかなぁと思って見てましたが、ほぼありませんでした。
 バラエティなんで、しょうがないか・・・。

 炎の体育会TV Twitter

 だけどいいんです。
 カヌースプリントの認知度が高まるだけでっ!
 まだ競技のチャレンジが続きそうなので、よかったです。
 ただ、1年に1回のペースじゃなくて、もうちょっと細切れで放送してもらえると、もっとみんなの興味が出ると思うんですが・・・。
 TBSさん、お願いしまっす!


ようやく放送

 ようやく、炎の体育会TVでカヌースプリントが放映されるようです。
 前回の放送から約11か月ぶりの放送。
 
 炎の体育会TV facebook

 カヌースプリントに興味を持ってくれる人が増えてくれるといいなぁ。
 11月29日の放送が楽しみです。
 みんな、見てね!


| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM